2011年01月10日

【競馬】2010 第62回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)


パフォーマンスホース

突然ですが、私はある方法を使って競馬を投資に変えることができています。
なぜ、私が競馬を投資に変えることができたのか?
そのヒントが競馬で160億円を稼ぎ出したというあの事件に隠れています。
彼は一体どのような競馬予想プログラムを使ったのか?
友人の競馬ライター仲間の話によると、予想オッズを導き出し実際のオッズと比較し、期待値の高い三連単馬券をただひたすら買い続けていたと言われています。(一応、全馬券を買うようですが、期待値の高いエリアに資金を多めに投入するみたいです)
つまり、本来あるべき人気よりも実際の人気が低い=期待値の高いエリアを狙い撃ちしているのです。
例えば、勝率60%の馬の単勝オッズが1.5倍あったとしましょう。
勝率が高いのは魅力的ですが、その分人気にもなっているので、この馬を買い続けるとマイナス収支になります。
逆に、勝率50%の馬の単勝オッズが3倍あったとしましょう。これはかなり期待値が高いと言えます。
2回に1回の確率で勝利し、配当が3倍つくので回収率は150%になります。
彼らはこういう馬券を買い続けたのです。
(※あくまでもマスコミ・ライターからの情報を元にした推察ですが・・・)
そして、特に三連単馬券は組み合わせがかなり多いので、オッズがかなり甘くなっています。
そこを狙い撃ちして馬券を買い続けた彼らは素晴らしいと思います。
競馬はやり方さえ間違えなければ投資に変えることができる。
それを世間に示したと言えるでしょう。 実は私も彼らと同じ考え方で、ある3つのステップに沿って競馬を投資に変えることができています・・


posted by 競馬大好きおじさん at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。